【vol.6】社員の仕事紹介

昨年橋本組に入社した、杉山哲瑠です。私は今、大崩海岸離岸堤の災害復旧工事の現場代理人をしています。今年の5月までは研修生としていろいろな部署を回り、6月から本社工務部に配属されました。
研修期間が長かったため、私のことを知らない人がたくさんいると思いますので、今回は私のことを知ってもらいたいと思います。

【出身地】
静岡の梅ヶ島です。梅ヶ島は安倍川の源流にある田舎です。とても自然が豊かで良いところですが、台風や大雨でよく土砂崩れなどが起きてしまいます。その度に地元の建設会社が協力して復旧していく姿を小さいころから見てきました。このような環境で育ち、私は土木工事というものに興味を持ちました。

【出身高校】
静岡商業です。私が静商に入った理由は部活動です。私は中学校からソフトテニスをしており、ソフトテニス部の強い静商に入学しました。中学も高校もほぼ部活の毎日でしたが、その分思い出もたくさんでき楽しい学生生活を送れたと思います。

【趣味】
最近の趣味は釣りです。海の工事をしており、急にやりたくなり始めました。始めてから一ヶ月くらいたちましたが、初回以外全部坊主です。そろそろ大物を釣りたいと思います。これから、立派な現場監督になれるよう頑張ります!

夏季インターンシップ開催しました

2020年8月19日(水)および20日(木)に本社および近隣現場・橋本丸・生コン工場にて2DAYsインターンシップを行いました。
5名の学生さんが参加してくれました。インターンシップにご参加の皆さん、大変暑い中、ありがとうございました!

★インターンシップの内容★
【1日目】
オリエンテーション→建設業の魅力・橋本組会社概要説明・インターンシップ目標設定→営業部の仕事・購買積算部の仕事→職業実習(設計体験)→1日の振り返り
【2日目】
オリエンテーション→建設業で生き抜くためのスキル→建築・土木現場見学、実習)→280t吊全旋回式クレーン船「橋本丸」乗船→橋本組生コン工場見学→インターンシップ振り返り

2日間で橋本組の魅力を知って頂く為に、凝縮されたとても濃い内容となりました。
普段触れる事が無い初めての体験で楽しんでいただけたようです。

今回も意識の高い学生の皆さんが参加してくれました。
一生に一度しかない貴重な時間を使って、ご参加いただきありがとうございました!
皆さんとご縁をいただき感謝しています。今後のますますのご活躍を祈念しております!

【vol.5】社員の仕事紹介

小川南防波堤(粘り強い)対策工事、現場代理人の山口大輔です。昨年は御前崎港防波堤上部工・根固め工を施工していました。

自分の出身地でもある焼津市で『未来に残るものづくり』が出来ることを嬉しいと思うと共に、地元でのプレッシャーを感じています。現在、被覆ブロック製作工・浚渫工を施工しています。

新たに橋本組へ入社した若手職員への技術力の継承をしていくこと、自分自身も成長し続けていく事を忘れず頑張ります。

【vol.4】7年目社員の仕事紹介


私は橋本組に入社し、今年で7年目になります。
現在は焼津駅近くの『ターントクルこども館』という建築工事に携わっております。
自分としては初めてとなる鉄筋コンクリート造の建物でかなり苦戦していますが、設計さんや先輩、業者さんにたくさんの事を教えて頂いています。現場名がこども館という事もあり竣工後はた~んと(たくさん)子供が来ると思います。友達の子供が来ても恥ずかしくないような品質で現場の運営をしたいと思います。

完工までまだまだありますが自分の出来る事を精一杯やっていきます。
また、若手社員の見本となるような現場運営を目指します。

【vol.3】7年目社員の仕事紹介

私は島田工業高校を卒業して橋本組に入り7年目になります。
昨年、現場所長として初めて新築工事を携わらせて頂きました。
工事着手より完成まで新入社員と二人で現場に従事しましたが、まだまだ技術面での不足もありましたが、自分なりには最高の建物を作ることができ満足をしております。

なかなか休日の確保もままならず段取り等でも苦戦をしましたが、工期内に無事故・無災害で引き渡しができ本当に良かったです。
今回の仕事は自分だけで作った建物ではなく協力企業様、会社のフォローが無ければ達成はできませんでした。

次の現場は藤枝で新築工事を所長として携わらせて頂きます!
残業ゼロ時間に挑戦する現場です。実現できるよう管理していきます!

【vol.2】5年目社員の仕事紹介

私は静岡県立島田工業高校を卒業して橋本組に入り今年の4月で5年目になります。
入社してからの4年間は今までにない程、濃い4年間でした。その中で昨年の4月頃から、
瀬戸川河床掘削工事の現場代理人として挑戦しました。
河床掘削工事の施工内容としては、他の工事と違い工種も少なく簡単だろうと
思っていましたが、施工条件にてICT建機の使用が条件付きでした。
ICT建機で施工するにあたり、事前に準備する事が沢山ありました。

事前測量でUAV測量(ドローン)・3次元データの作成など、最初は聞いたことのない
ワードばかりでしたが、何とか理解するために勉強したり、協力業者様に教えていただきました。

皆様のお蔭で無事工事を完了することができました。協力業者様をはじめ、
ご指導いただいた先輩方には大変感謝しています。今後も何事にも全力で取り組みます!!

【vol.1】5年目社員の仕事紹介

私は橋本組に入社してから今年の4月で5年目になります。
現場代理人として、瀬戸川河床掘削工(保福島工区)に携わらせて頂きました。
今回の現場はICT建機を導入しての河床掘削工です。本工事は、土砂搬出が主な工事でした。

静岡県で同じような工事が多く発注されダンプトラックの手配が難しい中、
協力会社様のご協力により、ダンプトラックを集めることができました。
また、無事故・無災害で終わることが出来良かったです。
ご協力頂き、ありがとうございました。