東北復興工事現場の視察へ行ってきました

先日、当社で工事している東北の防潮堤外災害復旧工事現場を視察してきました。

私たちは東日本大震災後の東北復興支援にいち早く駆けつけ、現在も宮城県南三陸町、気仙沼市を中心に、より安心・安全な国土の実現のための復興工事に携わっています。

今年で8年目となりました。どういった思いを込めてこの東北支店を設立されたのかを「東北支店設立趣意書」を読み返すことで今一度確認したいと思います。


【株式会社橋本組東北支店設立趣意書】

東日本大震災から一年が経過しようとしているにもかかわらず、未だ復興の槌音は、東北の地から聞こえてはこない。
全国から義援金が募られ、多くの激励や支援が行われてはいるものの、東北地方の現状は、震災の日から大きく変わってはいない。
これが、現実である。

日本に住む、同じ日本人として、我々ができることは何か?
今、最も東北地方に求められていることは、社会資本の早急なる整備である。
ところが、莫大な整備費が予算化されたにもかかわらず、技術者や労働者の不足により、入札参加者が皆無の案件が続出するなどして、工事の着手すらままならない状況が続いている。
東北地方では、技術者の絶対数、労働調達力が不足している。
それに対し、我々には、技術面、調達面において、その力を発揮できる人材がいる。
よって、我々橋本組は、スピードが求められる復興の一助となるため、10年間を目途に、東北地方での活動を行うこととする。
そして、そこで得られた利益を社会還元することを旨とし、東北のみならず、我が国の経済循環の一翼を担う。

以上の趣意を鑑み、我々が有する経営資源である人材、技術力、調達力を動員して、東北地方復興の一助となるべく、ここに株式会社橋本組東北支店の設立を宣言する。

株式会社橋本組 代表取締役 橋本勝策


橋本組の経営方針である、「確かな品質で社会資本整備の一翼を担い地域社会の発展に貢献する」 を念頭に置き人々に信頼される企業を目指します。

 

平成30年度資格試験合格者祝賀会を開催しました

先日、静岡メンバーにて祝賀会を開催しました。合格者の皆様おめでとうございます!!
平成30年度資格試験合格者は11名、新入社員やリーダー社員など幅広い年齢層のメンバーが合格しました。

建設や土木の現場では専門性を要する仕事が多岐にわたるため、特別な資格やスキルを身につけていかなくてはなりません。
その為、当社では資格取得のための支援が充実しており、「成長できる職場」として社員のスキルアップを強く後押ししています。

また、仕事に必要な国家資格取得者には、合格時に合格奨励金を上限10万円(1級建築士には上限100万円)まで支給し、毎月の給与に取得資格ごとの技術料を支給しています。
毎年たくさんの社員がその年の目標を定めて資格取得にチャレンジしています。

当社の技術給に関わる国家資格等は以下の資格になります。
1,2級建築士、1,2級(土木、建築、管工事、造園、電気、電気通信工事)施工管理技士、
1,2級建設機械施工技士1,2級舗装施工管理技術者、コンクリート(診断士、主任技士、技士)、
労働(安全・衛生)コンサルタント、1,2級建設業経理士、1,2級FP技能士、
インテリアコーディネーター、第1種電気工事士、建築設備士、宅地建物取引士、土地家屋調査士
司法書士、社会保険労務士、行政書士、税理士、公認会計士

仕事と勉強の両立は大変ですが、継続する力で目標達成を目指します!

 

若手社員の声(工務)

入社2年目の早川右蘭です。私の仕事は住宅の現場監督です。
橋本組には、高校2年の時にインターンシップに参加して、社風がとても良いと思い入社しました。

私は現場で働きたいと思っていましたが、女性は頼りにされないのではないかなど、不安な面が沢山ありました。
ですが実際働いてみると1人前の現場監督として扱ってもらえ、とても嬉しいです。
時にはきついなと思うこともありますが楽しく働ける会社です。

 

5月の全体会議

月に1度開催される橋本組全体会議が行われました。
5月から多くの新しい社員を迎えた事もあり、工務部部門長より改めて
社長年初メッセージを紹介しました。

「力強い一歩」
・働き方改革、生産性向上 ・お客様の約束を守る技術力 ・安全第一

また、今月からは先輩社員の皆さんに新入社員の事を知って頂くため、
自己紹介の発表をしてもらいました。
営業部からはアベイラス製品の施工事例の報告を行いました。
毎月恒例となります、安全課からは各現場の是正処置内容を詳しく報告し、
安全についてより意識を高めました。

クリエイティブ休暇の取得率

昔から建設業界は休日が少ないと言われていますが、
当社では、クリエイティブ休暇(9連休)の取得を推進し、
今年度は116名の約半数の社員が取得しました。
来年度も多くの社員がクリエイティブ休暇が取得できる体制作りに努めます(^^)/

OJTローテーション研修

当社では4月から新入社員14名を迎え、OJTローテーション研修をスタートさせました。
全部署を1年2ヶ月かけて研修していきます。
最初の1ヶ月間は、生コン工場、設計・購買積算、稼働中の3現場に分かれての研修を行いましたが、
5月からは富士の教育訓練センターへ行き建設の仕事について基礎から学んでいます。

 

第二回目山元塾

先日、休み明け早々「山元塾」の研修が行われました。

覚悟108のMissionの講義、グループディスカッション、Wisdomの個人発表、講義によるフォローアップを行っていただきました。
山元塾長の余分の無い素晴らしいプレゼンは、姿勢、声のトーン、テンポ、話し方、伝え方も大変勉強になります。

個人発表では、実体験の失敗や成功事例を盛り込みながらで、皆さんとてもレベルが高く大変興味深い内容でした。
来月の発表もとても楽しみです(^^)/