ブログ

知っているようで知らないこと、知らないと怖いこと

ドライバーの皆さん、シートベルトはもちろん着用されていると思いますが…

2017年12月14日、シートベルト着用状況全国調査の結果を改めて確認してみると気になることが。

運転席での着用率は一般道で98.6%(高速道路は99.5%)に対し、後部座席では一般道36.4%(高速道路74.4%)とかなり低いです。

記事を読むと、「2008年に後席のシートベルト着用が義務化された」とありますが、自分は勝手に「違反をとられる高速道路走行時だけ!」と考えていました。

認識不足でした。

どこを走行しようと急ブレーキがかかれば、体は前へ飛び出します。

(時速60㎞で壁に激突した場合、高さ14mのビルから落ちるのと同じ衝撃)

後部座席に乗車した人がシートベルトを着用していないことで、事故の際、本人の命が危険にさらされると共に、前席に乗車している人の命まで奪うことになりかねないです。

子供さんはとくにシートベルトを嫌がりますが、JAFや警察庁のホームページなどで事故の衝撃実験映像や、広告、啓蒙ポスターなど、ネットを開けば多くの情報がありますので、子供さんと一緒に交通安全について学ぶのも手だと思います。

大人が はっ!とさせられる、そんな気づきもあるかもしれません。

ところで…

運転席のシートベルト着用率は100%ではないの?と疑問に思いましたが、「シートベルトをしなくてもいい場合」というのがあるそうで、

療養上シートベルトを着用することが適当でない場合など、やむを得ない理由がある時は違反とならない場合があるそうです。こちらも「道路交通法第71条の3」を検索すればたくさん出てきますよ。

知っているようで知らないこと、知らないと怖いこと、まだまだたくさんありますね。

 

 

 

ドローン空撮

先日株式会社ヤマザキ様の住吉工場棟新築工事上棟式が行われました。

その際に、ドローン空撮を実施しました。

ドローン空撮と取り入れる事で、お客様に工事概要や施工状況をわかりやすく見てもらう事が出来るようになりました(^^)/

ご当地グルメ

宮城といえば牛タン・ずんだ・萩の月・笹かま等々思い浮かびますが…。

 

はらこ飯   ・宮城県亘理町(わたりちょう)の郷土料理です。

鮭の身を煮込んだ汁でご飯を炊き、鮭の身とはらこ ( イクラ ) を盛ったものです。

鮭の親子丼?

石巻市の湖月亭で頂きました。

うん! 満足、美味しい!

 

はっと     ・宮城の登米地方・岩手の奥州地方の郷土料理です。

小麦粉に水を加え練り、薄くのばし

ちぎったものを茹であげた、すいとんに似た料理です。

語源は美味しすぎて「食べ過ぎご法度」からだとか。

はっと汁をつくってみました。

つるっとした食感がとても良いです。

 

あぶら麩    ・登米市の郷土料理です。

油麩は植物油で揚げたお麩です。

かつ丼のカツの代わりに油麩を使った感じです。だし汁を吸った油麩は肉に負けない美味しさです。

こんなレトルトも見つけました。

 

 

そして

宮城のお正月に欠かせないのが「なめたカレイの煮つけ」です。

どこの家庭でも年越し魚として食卓に並びます。

正月と言えば鮭や鰤だと思っていましたが、なめたカレイ肉厚でとても美味しい魚です。

a.akiyama

ぶらり京都!

仕事で京都へ行く事も足掛け3年目となり、少しずつですが過去に行った事や聞いた事はあるけど、京都駅からの位置関係がまるで分らなかった仏閣や、有名な観光スポットに行ける様になってきましたので、少し紹介させて頂きます。

まずは、京都の玄関口・・・そう京都駅!京都と言えば木造建築物、古民家等を想像しますが、全くもっての近代建築、魅せる駅舎です。

新幹線を降りて、人の流れに押されて反対側の出入口に行きますと、高っっかい天井のホールに出ます。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが「烏丸口」となります。(撮影日天気が悪く暗くなってしまいました。)

ここに来るまでに数々の誘惑に惑わされる事になると思います。

そして、こちらの烏丸口を出ますと、京都タワーがお出迎えです。

 

 

 

 

 

 

 

ここで一つの疑問が生まれます。

「こんな都会からあのお寺や神社まで行くのに、いったいどれだけの時間が掛かるんだろう?」

そう言う私も、最初はそう思っていました。・・・が!何とここから徒歩数分で、あの有名なお寺へと、しかも2箇所も行く事ができたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大き過ぎて写真に納まりませんでしたが、「本願寺」と「御影堂門」です。

京都タワーを左手に北上する事、7・8分程で第一の観光スポット「東本願寺」に到着です。

東本願寺「御影堂門」から西本願寺「御影堂門」までは10分程度。ちなみに写真は西本願寺の御影堂門です。

これから観光案内本番なのですが、今回はここまでとさせて頂き、次回にでも続きを紹介させて頂きます。

 

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

 

2018年は戌年ということで干支の特徴として「勤勉で努力家」とあるそうです。

この特徴のように2018年は勉学に力をいれ、頑張りたいと思います。

 

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

橋本組華道部?!

橋本組女性スタッフでクリスマス用のアレンジを作りました。

さんごみずき、ヒムロ杉、レースフラワー、バラに加え

クリスマスらしく松ぼっくりやトナカイやサンタの飾りを付けました。

同じ花材ですが少しずつ皆さんの個性が出てどれも可愛らしくできました。

 

非常食レポ

本社には「もしも」の時に備え、避難グッズが備蓄されています。

今回備蓄品入替が行われ、期限の迫った非常食が配られましたので・・・

さっそくランチに試食してみることに。

メニューは、「鶏ごぼうごはん」。

開けてみてまず思うことは、これで足りるだろうか…ということ。

心配だったので、もう一つ「ビーフカレー」も作ることにしました。

作り方は簡単!

アルファ化されたご飯の中に、レトルト食品を入れて混ぜるだけ。

しかし、完成まで1時間かかりますので注意です。

 

 

↓パッケージの中はこのような感じ。水はもちろん、お皿もお箸も要りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

①ごはんです。カラカラに乾燥しています。

 

 

 

 

②レトルトパックされた、具材をご飯のパックの中へ流し込みます。

 

ちょっとこぼれました。

 

 

③付属のスプーンで混ぜます。

具だくさんで、香りも良い!

これは期待できそう…

 

 

④しっかりチャックを閉じて一時間…

 

 

 

 

⑤完成です。

 

 

 

ふっくら、だしの良い香り…

 

試食のプロ(女性)の感想を伺うと、

食べ始めはご飯がまだカリカリしているところがあった、とのこと。

食べ進むうちになじんできたので、一時間+5~10分おいても良さそうです。(特に気温の低い時期)

味は美味しかったそうで、量も1パックで満足!だそうです。

え!

それではもう一つのビーフカレーは?

安心してください。

チャックを閉じれば持ち運びも可能です。

試食のプロの本日の夕ご飯になりました。

肉感しっかりのビーフカレーは、スパイシーでこちらも美味しかったそうです。

非常食と言えば「乾パン」の時代から、今はここまで進化しているんですね!!!

今度私も、子供と一緒に食べてみよう。